2007年03月04日

ヴィッセル神戸2007戦力分析

ヴィッセル神戸
昨季 順位 勝点
3位J2 86点 25勝 11分 12敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3↑ 2.5→ 3→ 2.5↑
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
大久保嘉人(C大阪)
榎本達也(横浜FM)
ボッティ(全北現代)
室井市衛(横浜FC)
レアンドロ(未定)
評価 大久保ら攻撃陣を厚く補強

補強の目玉は、エースとして期待される大久保。
最近は低調なプレーが続いているが、本来の実力は疑いようのないところ。
他にも全北現代で活躍していたボッティなど攻撃陣が厚みを増したのに対し、守備陣はGK榎本の補強が目立つ程度。
DFの綻びから、崩れなければよいが・・・。

posted by サッカー at 09:52| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソル2007戦力分析

柏レイソル
昨季 順位 勝点
2位J2 88点 27勝 7分 14敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3→ 2.5↑ 2.5↓ 2.5↓
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
古賀正紘(名古屋)
アルセウ(バルメイラス)
菅沼実(愛媛)
ディエゴ(東京V)
リカルジーニョ(未定)
中澤聡太(G大阪)
評価 エースの爆発ないと苦しいか

昨季J2で60点を献上したDFには古賀とGK水谷を加えたが、J1では守備力は下位に位置するだろう。
J2トップの84得点を叩き出した攻撃力に期待したかったが、21得点のディエゴの移籍が決まり、こちらも強みとはならず。
FWフランサあたりの爆発力がないと厳しい戦いを強いられそう。

posted by サッカー at 09:45| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FC2007戦力分析

横浜FC
昨季 順位 勝点
1位J2 93点 26勝 15分 7敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3→ 2.5→ 3↑ 2.5→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
久保竜彦(横浜FM)
奥大介(横浜FM)
薮田光教(福岡)
城彰二(引退)
アレモン(未定)
崔成勇(水原三星)
評価 話題性充分もまずは残留が目標

キング・カズ三浦知良がJ1の舞台に帰ってくる。
久保、奥と日本代表経験者の補強に成功し話題性は申し分ない。
しかし、目標はあくまでJ1残留。
昇格の要因となった持ち前の堅守で、粘り強く勝ち点を拾っていきたい。
人心掌握術に定評のある高木監督の手腕にも注目である。

posted by サッカー at 09:37| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァンフォーレ甲府2007戦力分析

ヴァンフォーレ甲府
昨季 順位 勝点
15位 42点 12勝 6分 16敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3↓ 3→ 3→ 3↓
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
増嶋竜也(東京FC)
アルベルト(コリチーバ)
バレー(G大阪)
倉貫一毅(京都)
ビジュ(未定)
評価 不可欠な2人の穴をどう埋める?

昇格初年度の昨季は、ビッグネームがいない中で、魅力的な攻撃的サッカーを展開し、見事J1残留。
しかし、今季は得点源のバレー、主将の倉貫が離脱。
ともに不可欠な存在だっただけに、この穴をどう埋めるか?
増嶋ら大量5人を補強したDF陣の頑張りで昨季64失点を少しでも減少させたい。

posted by サッカー at 09:28| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルビレックス新潟2007戦力分析

アルビレックス新潟
昨季 順位 勝点
14位 42点 12勝 6分 16敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3→ 3→ 3.5↑ 3↑
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
坂本将貴(千葉)
深井正樹(鹿島)
千代反田充(福岡)
船越優蔵(東京V)
ファビーニョ(未定)
評価 的確な補強で上位進出も見える

的確な補強をした印象だ。
千葉でリーダー的な存在だった坂本、福岡DFの核だった千代反田、鋭いドリブル突破が武器のFW深井など、前所属先で実績を残してきた面々だけに、ある程度は計算が立つ。
リーグ屈指の集客力を誇るサポーターの期待に応え、上位争いを演じる力はあると見たい。

posted by サッカー at 09:20| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京FC2007戦力分析

東京FC
昨季 順位 勝点
13位 43点 13勝 4分 17敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
4↑ 3↓ 4↑ 4↑
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
ワンチョペ(ロザリオC)
福西崇史(磐田)
エバウド(グレミオ)
ササ(チーバス)
ジャーン(湘南)
宮沢正史(大分)
評価 大物選手を迎え、上位進出も!

サポーターと相思相愛の関係にある原博実が1年ぶりに監督復帰し、ムード良好。
'06年W杯開幕戦でドイツ相手に2得点を挙げた元コスタリカ代表FWワンチョペ、元日本代表のMF福西と大物選手が加わったことで、上位進出も夢ではなくなった。
カギは昨季までの柱ジャーンを失った守備か。

posted by サッカー at 09:12| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大宮アルディージャ2007戦力分析

大宮アルディージャ
昨季 順位 勝点
12位 44点 13勝 5分 16敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3→ 2.5↓ 3→ 2.5↓
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
レアンドロ(クルゼイロ)
エニウトン(バルメイラス)
佐伯直哉(福岡)
新居辰基(鳥栖)
下村東美(C大阪)
トニーニョ(未定)
土屋征夫(東京V)
デイビットソン純マーカス(新潟)
評価 退団が目立つ一方、補強は進まず

3シーズン指揮を執った三浦監督からチームを引き継ぐファーベーク監督には、厳しい船出になるかもしれない。
DFの主軸だったトニーニョ、土屋ら退団が目立つ一方で、補強の動きは鈍かった。
ストライカーのエニウトン、DFアンドロの新外国人2人が低調だと残留争いへ・・・。

posted by サッカー at 00:01| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ジェフユナイテッド千葉2007戦力分析

ジェフユナイテッド千葉
昨季 順位 勝点
11位 44点 13勝 5分 16敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
4↑ 3.5→ 3↓ 3.5→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
黒部光昭(京都)
新居辰基(鳥栖)
下村東美(C大阪)
阿部勇樹(浦和)
坂本将貴(新潟)
ハース(未定)
評価 大黒柱の離脱は痛いが戦力は維持

大黒柱・阿部の流出は確かに痛い。
昨季全試合出場のMF坂本の移籍もしかりだ。
だが、悲観ばかりではない。
昨季J2の日本人得点王の新居とベテラン黒部が加入した前線はレベルアップしたし、阿部の穴は下村の獲得で最小限に抑えた。
上位に食い込むだけの戦力は整えたと言えるだろう。

posted by サッカー at 23:51| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフレッチェ広島2007戦力分析

サンフレッチェ広島
昨季 順位 勝点
10位 45点 13勝 6分 15敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
4→ 3→ 3.5→↓ 3→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
高萩洋次郎(愛媛) 大木勉(愛媛)
八田康介(FC東京)
評価 レギュラーと控えの差が悩み

選手の入れ替えはないに等しく、昨季とほぼ同じ陣容だ。昨季合わせて34ゴールを稼いだ佐藤&ウェズレイの2トップを筆頭に森崎兄弟、駒野などレギュラーの名前を見れば、なかなかの顔ぶれ。
しかし、控えの層が薄く、シーズンを戦い抜く総合力に欠ける。
柏木、高萩ら若手の成長に期待だ。

posted by サッカー at 23:44| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜F・マリノス2007戦力分析

横浜F・マリノス
昨季 順位 勝点
9位 45点 13勝 6分 15敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
4↑ 3→ 3↓ 3→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
鈴木隆行(レッドスター)
マルクス(東京V)
高桑大二朗(仙台)
久保竜彦(横浜FC)
奥大介(横浜FC)
ドゥトラ(未定)
評価 実力者の加入でFWは高水準

'03&'04に連覇したチームで活躍した久保、奥、ドゥトラらが移籍。一つのサイクルが終了したと言えるだろう。
早野新監督を迎えた今季は、若手育成を意図した起用が見られそう。
大物新人のMF乾にもチャンスがありそうだ。
そんな中、鈴木、マルクスという実力者を得たFWは高水準を保つ。

posted by サッカー at 21:29| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分トリニータ2007戦力分析

大分トリニータ
昨季 順位 勝点
8位 47点 13勝 8分 13敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3→ 3→ 2.5↓ 2.5↓
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
宮沢正史(FC東京)
アウグスト(バイサンドゥ)
エジミウソン(ロンドリーナ)
トゥーリオ(ボタフォゴ)
梅崎司(グルノーブル)
評価 流出が続き、大きく戦力ダウン

オフは流出が続いた。
チームの柱だったトゥーリオ、エジミウソンを失い、さらには日本代表に選ばれるなど売出し中の梅崎もフランスへ。
3人が中核を担っていた中盤は、ボランチに宮沢を獲得したものの、大きく戦力ダウンになった。
今季もシャムスカ監督の”マジック”に期待だが・・・。

posted by サッカー at 21:24| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋グランパスエイト2007戦力分析

名古屋グランパスエイト
昨季 順位 勝点
7位 48点 13勝 9分 12敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3.5→ 3↓ 3.5→ 3↓
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
角田誠(京都)
櫛野亮(千葉)
巻佑樹(駒沢大学)
秋田豊(京都)
古賀正(柏)
川島永嗣(川崎)
評価 DFの整備進めば面白い存在に

今期の課題は古賀、秋田の抜けたDF陣の整備だ。
復帰の角田や増川の成長が期待される。
攻撃は、昨季途中に加わった大型FWヨンセンにボールをあわせる形が確立されているのが強み。
昨季、度肝を抜くシュートを連発した本田の左足という飛び道具もあるだけに、DFが安定すれば面白い。

posted by サッカー at 21:19| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島アントラーズ2007戦力分析

鹿島アントラーズ
昨季 順位 勝点
6位 58点 18勝 4分 12敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3.5→ 4↑ 4→ 4→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
マルキーニョス(清水)
ファボン(サンパウロ)
ダニーロ(サンパウロ)
本田泰人(引退)
アレックス・ミネイロ(未定)
羽田憲司(C大阪)
評価 新加入選手の融合で次第でV争いも

磐田同様、リスタートの1年だ。
監督を含め外国人は総入れ替えとなるが、MFダニーロ、DFファボンはクラブ世界一を獲得した経験を持つ名手。
監督のオリヴェイラも若手育成に定評があるだけに、昨季成長を遂げたMF野沢やFW田代らに好影響を与えそう。
早期に融合すればV争いも。

posted by サッカー at 21:14| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュビロ磐田2007戦力分析

ジュビロ磐田
昨季 順位 勝点
5位 58点 17勝 7分 10敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3.5→ 3.5↓ 3.5→ 3.5↓
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
マルキーニョスバラナ(フィゲレンセ)
林丈統(京都)
服部泰正(京都)
福西崇史(FC東京)
西野泰正(京都)
評価 ベテランが去り、世代交代の時

昨季途中の名波に続き、服部、福西が相次いで移籍。
黄金期を知るベテランが去ったことで、世代交代の時期を迎えた。若手にとってはチャンスだ。
昨季15点をあげエースの座を奪った前田に続きブレイクする選手が何人現われるか?
昨季途中に就任したアジウソン監督の手腕が問われる1年だ。

posted by サッカー at 21:10| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水エスパルス2007戦力分析

清水エスパルス
昨季 順位 勝点
4位 60点 18勝 6分 10敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
3.5→ 4→ 4↑ 4↑
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
フェルナンジーニョ(G大阪)
戸田光洋(FC東京)
西澤明訓(C大阪)
森岡隆三(京都)
斉藤俊秀(→湘南)
マルキーニョス(→鹿島)
評価 若手成長&補強成功で上昇気配

期待が膨らむシーズンだ。
昨季新人王に輝いた司令塔の藤本や枝村など才能豊かな若手の成長が期待できる上に、補強では、攻撃陣にフェルナンジーニョ、西澤という計算できる選手の獲得に成功。
一作季15位から昨季4位へ上昇させた長谷川監督が3年目を迎える今季は頂点も視野に入る?

posted by サッカー at 21:04| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバ大阪2007戦力分析

ガンバ大阪
昨季 順位 勝点
3位 66点 20勝 6分 8敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
5↑ 4↓ 4.5→ 4.5→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
バレー(甲府)
中澤聡太(柏)
宮本恒靖(ザルツブルク)
フェルナンジーニョ(清水)
評価 超攻撃布陣で突っ走る!

得点王マグノ・アウベスと播戸を擁する強力FW陣に昨季14得点のバレーが加わり、攻撃的3トップが完成した。
後方から遠藤、二川、家長が絡む攻撃陣は、浦和や川崎を凌駕する力を持つ。
反面、課題のDFは宮本の退団でさらに弱体化。
「攻撃こそ最大の防御」で突っ走るしかない。

posted by サッカー at 20:58| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎フロンターレ2007戦力分析

川崎フロンターレ
昨季 順位 勝点
2位 67点 20勝 7分 7敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
4.5→ 4↑ 4→ 4→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
川島永嗣(名古屋)
フランシスマール(クルゼイロ)
河村崇大(C大阪)
マルコン(アトレチコPR)
吉原慎也(→東京V)
評価 連動性豊かな攻撃力は今季も健在

我那覇、ジュニーニョらを軸に、昨季トップの84得点をマークした攻撃力は健在。
個に頼らず、連動性で勝負するチームだけに、今季も大崩はなさそう。
ただし、期待の新外国人フランシスマールがケガで長期離脱となったことも影響し、”2足のわらじ”を履くには、選手層にやや不安あり。

posted by サッカー at 13:05| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ2007戦力分析

浦和レッズ
昨季 順位 勝点
1位 72点 22勝 6分 6敗
'07戦力充実度 FW DF MF 総合 満点5。→は昨季比
4.5→ 5↑ 5→ 5→
移籍等 IN OUT ( )は移籍元・移籍先
阿部勇樹(千葉) 三都主(ザルツブルク)
評価 優勝候補筆頭にふさわしい陣容

補強は阿部一人という数字に、現有戦力への自信が窺える。
三都主の離脱で左サイドの攻撃力が低下した分、万能な阿部の加入でMF&DFに厚みが増し、戦力値は+−0だろう。
昨季MVP闘莉王、得点王ワシントン、小野ら豪華タレントが居並ぶ陣容は間違いなくJリーグNo.1。
怖いのは慢心だけだ。

posted by サッカー at 12:31| 2007戦力分析(J1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。